Planet Lisp紹介「『実用Common Lisp』が無償提供開始」

Planet Lispに以下の記事が掲載されています。

"Paradigms of Artificial Intelligence"というのはPeter NorvigによるCommon Lispの書籍です。日本語では『実用 Common Lisp』というタイトルで訳されており、Peter Seibelの『実践 Common Lisp』が出版されるまではCommon Lisp界でも最も読まれている書籍だったかもしれません。Peter NorvigはGoogleの研究部長を務めており、とても有名な人物です。

Planet Lispに掲載された記事では、この書籍がPDFで無償公開されたことが伝えられています。公開はGithub上で行われており、誰でもアクセスできます。
私も実は読んだことがないので、読んでみたいという気持ちもありますが、やはり英語を読むとなると労力がかかるので、結局は読まない気がします。

Common Lispは仕様が標準化されていることに加え、その標準が20年以上も改訂されずに今でも使われているため、古いソースコードでも何も修正を加えることなく動く場合が多いです。また、標準仕様の範囲内なら処理系の違いもわずかであるため、過去の遺産を活かすことは比較的容易だと思います。

現代のAI(人工知能)に関する知見を期待して読むとおそらく的外れなのではないかと予想されますが、Common Lispの世界では「古典」に分類されるような名著だと思いますので、英語に抵抗がない人は一度目を通してみるといいかもしれません。

0 件のコメント :

コメントを投稿